官公庁向けソリューション

滞納整理システム

滞納整理システムの概要

納税促進は人と人との触れ合いから

納税は国民の義務です。しかし、発生する滞納は日頃の啓蒙と発生後は説得、折衝が大事な対策です。現在、この滞納整理業務は庁内に設置したコンピュータから催告・処分などを滞納者に発信することのみに活用されています。このシステムは納税者の自宅まで訪問徴収ターミナルを携帯して、対面折衝までシステム化をし納税者の生の声をシステムに反映します。個々のケースに応じたきめ細やかな滞納整理を実現します。 滞納整理システム

計画に基づいた業務の推進

滞納整理システム 滞納整理業務の最終目的は収納率の向上にあります。処分はひとつの手段です。まずは滞納者の状況を把握し分納誓約などで納税しやすい状況を作り出します。滞納者個々の状態をデータベース化して全体の傾向を見極め、さらに個別の対応を計画し、実践します。このシステムは税目、地域、自営業・農業・サラリーマン等の区分、個別の生活状況、住宅、所得状況など個別のデータを分析して滞納の実態を定量的に把握します。これにより、重点方針を定めて計画を立てます。毎月の訪問計画・月次の計画などを担当職員別に係毎に作り実践し、予定と実績が対比できます。分納制約では、その履行が先手先手と対応がとられます。

ホストコンピュータを選ばないオープンなシステム

住民記録(名前・住所など)、課税収納情報はホストコンピュータが管理しています。この情報をLANなどで取込むことでこのシステムは運用されます。ホストは汎用機、オフコン、パソコン、計算センターなど、あらゆる方式に対応することが出来ます。 滞納整理システム

滞納システムの特徴

滞納者に関するすべての情報を一画面に表示

滞納整理システム
滞納者に関するあらゆる情報が一覧できます。個人の住所等、滞納税明細、交渉記録、約束事、分納状況、直近の接触、収納状況、文書の返戻の有無、処分の執行状況、特記事項など滞納者と応対するときに不可欠な情報がすべて一覧できます。

初期段階で滞納の芽をつむ電話催促(オートコール)

うっかり忘れなど初期の滞納者に対し、自動電話発信で納付を促すことにより新たな滞納の発生を水際でくいとめることができます。
電話催促を職員様が行う場合でも、外部委託を行う場合でも運用に合わせて柔軟に対応できます。
滞納整理システム

催告、分納制約、処分、公売、不納欠損まで全てをカバー

滞納整理に必要な全ての事務と帳票類を作成することができます。分納管理では、あらゆる分納形態の組み合わせ、分納の履行監視がリアルに画面でも帳票でも可能です。

システム関連図

滞納整理システム

滞納整理システムについてのお問合せ

その他資料請求や質問なども、お気軽にお問合せ下さい。

パステムソリューションズ(株)
TEL :099-223-8261
部 署 :ソリューション営業部公共営業課
メールでの問い合わせ:kokyo@necps.jp

【開発元】
株式会社シンク

Return Top